星占い・タロットカード SPACE・和 陶芸ギャラリー 陶工房・和 プロフィール サイトマップ お問合せ SPACE・和TOP


星占い・タロットカード鑑定案内
12星座の性格・才能・資質
西洋占星術とは
タロットカードの世界
タロットカード講座
ホロスコープ性格診断
面談鑑定のご案内
スピリチュアル・エッセイ
和代のゆうゆう日記
HOROSCOPE


性格診断 解読例




解読例・A

      Å子さん
出生年月日 1970年3月12日 
出生時間 20時
出生地 東京都

      星の配置
太陽…魚座  水星…魚座
月…水瓶座  金星…牡羊座
火星…射手座  海王星…射手座
木星…山羊座  土星…蟹座
天王星…蠍座  冥王星…天秤座
アセンダントの星座…牡牛座
(出生時間によって割り出される
アセンダントの星座は、性格の一端
を表わす、重要な星座です)

  
 性格の基本の部分を表わす太陽と、ものの考え方の傾向を表わす水星が、魚座にあります。魚座は感覚、感性が鋭く、情感豊かな性格で、弱いもの、傷ついたものを見捨てておけない、優しい性質です

 
親しい人が困っていると、少しくらい犠牲を払っても、その人の力になろうとするでしょう。恋人や配偶者など、自分にとって大切な人に、献身的に尽くす傾向もあります。愛のためなら、自己犠牲をいとわない。自分の身を守ろうとする意識より、相手のためを思う気持ちのほうが強く、身も心もぼろぼろになるまで、相手のために力を尽くすこともあります。

 魚座は繊細な神経を持っているために、言葉や暴力によって自分が傷つけられたり、互いに傷つけ合う修羅場を経験したりすると、そのことがいつまでも心に残り、痛手からなかなか立ち直れないことがあります。いろいろな成り行きから、相手を打ち負かさなければならないハメになり、相手を倒したとしても、相手に傷を負わせたという事実に、自分自身が傷ついてしまうようなところがあります。激しい闘争を勝ち抜いても、単純に勝利の美酒に酔い痴れることができない、非常にナイーブな面を持っているのです。

 そのために魚座は、人との対立をなるべく避けようとします。反対勢力が現われると、真っ向から立ち向かうことは滅多になく、無駄な抵抗はやめて、流れに身をまかせるのです。

 魚座は相手を打ち負かす心の強さや神経の太さに欠けるかわりに、どのような状況にも順応する、柔軟性を持っています。生きていくために、どんな状況にも自分を合わせることができるのです。これは魚座の本能的な処世術のようなものです。生まれ育った環境とはまったく質の違う環境に放り込まれたとしても、いつまでも馴染めないということはなく、生まれたときからその環境にいた人であるかのように、ものの見事に順応します。与えられた環境の中で、ごく自然に自分の力を発揮していくのです。

 魚座は鋭い直感力にも恵まれています。自分のまわりに幾筋かの流れがある場合、どの流れに乗るのが自分にとってベストなのかを、直感で判断し、本能的にその流れに近づいていきます。人生の選択や生きる意味について、ごちゃごちゃと理屈っぽく考えたりはしません。「これだ!」と思ったものに素直に向かい、自分を活かしてくれる流れに、すんなりと乗っていきます。

 月は感情や感性をつかさどりますが、A子さんの月は水瓶座にあります。水瓶座は自意識が強く、非常にプライドが高い性質で、人に弱みを見せることを、頑ななまでに嫌います。自分の内面やホンネには、誰でも必ず、あまり人に知られたくない、弱い部分があります。もし魚座の性質だけだったら、わりあい素直に自分の内面をさらけ出したりするのですが、プライドの高い水瓶座の気質を持っているので、内面の不安や悩みなどを他人にさらけ出すことは、あまりないでしょう。弱みも含めて、自分の内面を赤裸々に語るなどということは、恥ずかしくてとてもできないのです。常にかっこいい姿を人に見せていたいという、水瓶座の自意識がそうさせるのです。

 自分の内面を他人に見透かされないために、何かしらの演技のようなものが身についてしまう場合もあります。わざとおどけて見せたり、ユニークな冗談を連発したり、淡々としたクールな態度を装ったり……。傷つきやすく、プライドの高い気質を持っていれば、ナイーブな心を他人から守るために、カモフラージュの手段を考えるのは当然のことでしょう。ただ、ここで演技と書きましたが、本人には、演じるという意識がはっきりあるわけではありません。考えてやっているのではなく、本能的な自己防衛の意識から、いつのまにか身についた態度や仕草なのです。

 魚座は優しさや温もりを人一倍求めますが、月が水瓶座にあるため、素直にそれを言葉や態度に出せない、甘え下手の傾向も出てきます。つらかったり、淋しかったりするときに、弱さを見せたくないために、逆に陽気に振る舞ったり、相手をとても好きなのに、顔を見るとつい憎まれ口をきいたり、といった具合です。自分の求めを拒絶されたときのことを考えて、甘えたい気持ちを抑えてしまうという心理もはたらくようです。 性格の一端を表わすアセンダントの星座は、牡牛座です。牡牛座はA子さんの性格に、落ち着きと慎重さを与えています。物事を推し進めたり、行動を起こしたりする前に、まずリスクや不安材料を考え、尻込みする気持ちがはたらくでしょう。牡牛座はやや口が重いところがあるので、話し方がゆったりしていたり、言葉が足りず、話の内容が正確に相手に伝わらなかったりすることもあるかもしれません。心にわだかまりがあったり、緊張していたりすると、無口になりやすいようです。

 A子さんのホロスコープでは、金星が牡羊座に、火星と海王星が射手座にあります。牡羊座、射手座は、火象星座と言い、“火”に象徴される激しい気性を、内面に持つ性質です。気が短く、行動力があり、グズグズと踏みとどまっている状態を嫌います。この性質は、アセンダントの牡牛座の性質とは正反対のもので、リスクを考えてなかなか行動できない自分にいらだったり、逆に気分や感情にかられて突っ走り、あとで不安にかられたりといった具合に、葛藤が起こりやすいことを表わしています。

 魚座と牡羊座、射手座の組み合わせを考えると、気持ちが乗るとどんどん走り出し、ブレーキがきかなくなる恐れもあります。たとえば恋にのめり込んで、大胆な行動をとったりしやすいのです。夢中になっているときは、牡牛座の慎重さは影をひそめますが、ハッと我に返ったときに、クヨクヨ思い悩んだりするでしょう。

 牡羊座、射手座は、負けず嫌いで、自己主張の強い性質ですが、牡牛座は自分を抑制するところがあります。プライドを傷つけられたり、不当な扱いを受けたり、嫌なことを言われたりしたとき、反射的に怒りを呑み込んでしまうことが少なくないでしょう。対立を避けようとする、魚座の性質も手伝って、自分を抑えますが、負けん気の強さは心の内側にくすぶり、いつか攻撃に転じるようです。ジッと我慢していて、突然、いわゆる“逆ギレ”の状態になったりしやすいのです。

 相反する性質を合わせ持つことは、葛藤を味わうことですが、行動力と慎重さをうまく使い分けることができれば、物事を成功させやすい、バランスのとれた生き方が可能になります。若い頃は、それぞれの性質に自分自身が振り回され、悩みが多いでしょうが、経験を積むことで自己コントロールがうまくなり、いつアクセルを踏み、いつブレーキをきかせるべきかを、冷静に判断できるようになったりするでしょう。経験を積む、ある意味で失敗を重ねることで、自分を磨いていけるのです。

 魚座は、物事を理屈ではなく、感覚、感性でとらえますが、感性が鋭敏なので、常識や既成概念にとらわれない、独特の発想をしたり、物事の本質を直感的に見抜いたりするところがあります。また、水瓶座は自分の美意識や価値観にこだわりを持ち、趣味でも仕事でも、自分のセンスや能力を発揮できる“マイ・ワールド”を大切にします。みんながやっていることをおとなしく真似るといった、没個性の生き方を嫌い、独自の世界を求める気持ちも強く持っています。

 このふたつの星座の性質の組み合わせは、誰も思いつかなかった斬新な発想で、仕事を展開していったり、感覚的で独創的な仕事の世界を繰り広げていったりする可能性があることを示しています。水瓶座は科学やテクノロジーの分野で才能を発揮しやすく、魚座は芸術全般に適性があります。科学技術のジャンルを歩みながら、理論にとらわれすぎず、直感やひらめきが成功のもとになっていたり、先端的なテクノロジーを創作に活かすアーティストになったりする可能性があります。水瓶座は時代の先端をいくものに興味を持ちやすいので、どのような分野に進んでも、新しいものを追い求める気持ちを強く持つでしょう。

 水瓶座や、火星、海王星が入っている射手座は、束縛を嫌い、自由を求める性質で、組織の一員として生きることに、息苦しさを感じがちです。やりたいことを思う存分やれない状況には、強いストレスを感じるでしょう。しかし魚座の性質は、先に述べたように、どのような環境にも順応します。いろいろな不満はあっても、何とかやり過ごし、乗り越えていく、しなやかな強さを持っていると言えます。

 組織に属さず、フリーランスで仕事をするのもよいでしょう。水瓶座、牡羊座には自分をアピールする、営業的な能力もあるので、道を切り開いていけるはずです。

 ただ、会社を作り、人を雇って、大きく仕事を展開していくのには、やや問題があります。ひとつは、計画性に欠けること、ふたつめは、人を統率するという点で、やや力が弱いことです。トップに立つということは、冷徹でなければならず、ときに冷酷な判断も下さなければなりませんが、優しすぎるために、情に流されがちなのです。また個性の強い人間や野心的で強引な人間に、振り回されたり、引きずられたりする恐れもあります。こういった人間関係の問題は、心の大きな負担になるでしょう。

 木星は、山羊座にあります。山羊座は、アセンダントの牡牛座と同様、地象星座に属し、牡牛座とやや似た、慎重、堅実、自己抑制という性質を持っています。木星が性格に与える影響は、さほど大きくはないので、牡牛座の性質を補強しているという程度に考えるとよいでしょう。魚座や水瓶座、牡羊座、射手座は、困難にぶつかったりしたとき、忍耐力に欠けるところがありますが、牡牛座、山羊座は、つらさをグッとこらえて頑張る粘りがあります。全体として、挫折にはやや弱いところがあり、夢を諦めたり、捨て鉢になったりしやすいのですが、ぎりぎりのところで踏んばり、立ち直りをはかるでしょう。

 技術を習得するための、繰り返しの練習や、スポーツなどの苦しいトレーニング、なかなか先が見えない、長丁場の仕事にも耐えていけるはずです。

 土星は、蟹座にあります。土星が性格に与える影響は、木星よりさらに小さく、ほんの少し蟹座の要素があるという程度です。蟹座は理屈よりも体験を重んじるタイプで、魚座同様、順応性に富んでいます。困難に負けない、雑草のような強さも持っており、どちらかというと夢見がちで、流されやすい魚座の性質を、現実的な強さで補っていると言えるでしょう。

 最後に天王星と冥王星ですが、これらの星は、性格分析においては、あまり重要ではありません。天王星は蠍座で、冥王星は天秤座にありますが、蠍座、天秤座の性質が、A子さんの性格に顕著に現われることは稀です。蠍座は良くも悪くも執着心が強く、人生の岐路にさしかかったり、大事件が起きたりしたとき、強いこだわりを持つ、非常に執念深くなる、といったことがあるかもしれません。ただ、性格の本質的な部分では、物事に強い執着を持つことはあまりないほうなので、執念深くなったとしても、ほんの一時のことでしょう。天秤座は蠍座とは逆に、あっさりした気質で、これは水瓶座のドライでさっぱりした性質とやや似ています。水瓶座が性格にもたらす性質を、天秤座が強めていると言えるでしょう。
 

                             
                        
ホロスコープ性格診断のページへ
                            


                                   
 解読例
       B夫さん     
生年月日  1968年1月5日
出生時間  午前1時19分
出生場所  横浜市


       星の配置
太陽…山羊座  水星…射手座
月…蠍座     金星…射手座
火星…蟹座   木星…乙女座
土星…牡羊座  天王星…乙女座
海王星…蠍座  冥王星…乙女座
アセンダントの星座…獅子座
(出生時間によって割り出されるア
センダントの星座は、性格の一端
を表わす、重要な星座です)
 星の配置を見ると、B夫さんの性格は、山羊座、射手座、蠍座、獅子座、蟹座の性質が、主な要素であることがわかります。まず、これらの星座の性質を、かいつまんで説明します。

 太陽が入っている山羊座は、性格の基本の部分です。山羊座は堅実で、忍耐強く、困難を乗り越える底力や、逆境にいるときに、むしろ意欲や闘争心が湧くという、精神的な強さを持っています。人生の意味、生きる意味を確かめたいといった、思索にふけりやすい内省的な面もあります。自分がこうと思ったことは、頑なに貫き通そうとする、自我の強い性質で、自分の考えを貫こうとしているときは、まわりの人がどんな意見を言っても、なかなか耳に入れようとしません。

 知性をつかさどる水星、美的感性を表わす金星は、射手座にあります。射手座は行動力があり、好奇心旺盛な性質です。好奇心といっても、隣近所の噂話に関心があるとか、友人の恋愛話に興味しんしんというたぐいのものではなく、たとえば絵画を見に行って、油絵に興味を抱くとか、郷土の歴史に関心を持つなど、知的な好奇心が旺盛なのです。本物を求め、本物に絶対の価値を置き、うわべだけ華やかで中味の乏しいものを見下すという傾向もあります。たとえば、高い技術や豊かな感性の裏づけがあって活躍しているアーティストは認めますが、たいしたテクニックも持たないのに、表面的な器用さで人気を得ているタレントには、目もくれないといった具合です。

 美意識を表わす金星が射手座なので、本物を求め、愛する気持ちはかなり強いと言えるでしょう。大枚はたいて、有名な画家の絵を買ったり、アンティークのコレクションに夢中になったりするところがあります。みやげ物屋で売っているような、安っぽい絵を壁にかけるような趣味には、強い嫌悪感を覚えるでしょう。

 感情や感性を表わす月は、蠍座です。蠍座はひとつのことに強いこだわりを持つ性質で、仕事でも、恋愛でも、その他さまざまな悩み事でも、その時気にかかっていることに、心の大半を奪われてしまうというところがあります。仕事の問題で頭がいっぱいになっていると、話しかけられても、上の空だったり、恋の悩みにとりつかれていると、仕事がまったく手につかなくなったりします。強い執着心は、マイナスに働くと、深い恨みや復讐心になりますが、プラスに活きれば、望みを諦めずに困難を乗り越える力となり、また仕事の技術や能力を磨いていくモチベーションともなります。

 性格の一端を表わすアセンダントの星座は、獅子座です。獅子座は負けず嫌いで、自己顕示欲が強く、感情の起伏が激しい面があります。他人の目を気にしたり、人の気持ちに配慮したりすることがあまりなく、子供のように率直に、自分のやりたいことをやろうとするところがあります。忍耐力には乏しく、長く我慢を強いられると、ストレスが爆発するでしょう。

 行動や考えのひとつの面を表わす火星は、蟹座です。蟹座は、警戒心の強い面もありますが、やるべきこと、やりたいことに向かって、どんどん行動していく性質で、骨惜しみせずに動きます。現実的で、目の前の問題を乗り越えるための、工夫や努力を惜しまないでしょう。感情の起伏は激しいほうで、追いつめられると、ヒステリックになります。また、身の回りの親しい人に対して、ややおせっかいになる傾向もあります。

 これらの性質が、心の内でどのようにからみ合い、どんなふうに外へ向かって表われていくのかを、これから述べていきます。

 まず、性格の基本である山羊座と、月が入っている蠍座を見てみましょう。仕事や勉強など、自分の目的に向かって、こつこつ努力するタイプであることがわかります。粘り強く、困難にぶつかっても、なんとか乗り越えてやろうと頑張ります。水星と金星が入っている射手座は、目的を持つと非常にパワフルで情熱的になるので、射手座の情熱も手伝って、障害をけんめいに乗り越えようとするでしょう。山羊座も蠍座も射手座も、寝食を忘れて仕事に没頭する傾向があります。大きな仕事に立ち向かうと、徹夜もいとわず、職場で仮眠をとって働き続けたりするでしょう。仕事に関する、いろいろな問題と悩みを抱えていても、そういうときの緊張感と心の高揚は、心地よいものであるはずです。そして無事に仕事をやり終え、努力が報われたときの達成感は、何ものにも変えがたい喜びであるはずです。

 山羊座は無駄に時間を費やすことを嫌い、常に目標に向かって充実した日々を過ごしたいと思います。目的もなく、ぶらぶら遊んでいることができない、やや仕事中毒的なところがあります。仕事でひと山越えると、すぐに次の山に登る準備を始めるでしょう。再び達成感を得るために、そして自分の力がどこまで伸びるのかを知るために、歩き始めるのです。

 山羊座には、充分に考えてからでないと行動を起こさない慎重な面がありますが、射手座の性質があるため、決断や行動は比較的早いでしょう。見きわめがつくと、即実行に移り、無意味に物事を先延ばしにすることはありません。転職をするとか、家を購入するなど、人生の大きな問題に関しても、あまりぐずぐずせずに推し進めていくようです。火星が入っている蟹座も、実行力に富んだ性質で、いろいろな情報をこまめに集めたり、ローンを組む場合、どういう方法が最もよいのかなど、現実面の細かい問題を解決していく能力にたけています。

 仕事人間になりやすい反面、さまざまなことに興味を持ち、幅広い知識を持つ傾向もあります。学問、芸術に関心を持ちやすく、余暇は読書に費やしたり、音楽や美術の趣味が、何よりのストレス解消になったりするでしょう。

 射手座と、アセンダントの獅子座は、物おじせずに人に接する、外向的な性質です。山羊座と蠍座は、たやすく人に心を開かない、用心深さや内気な面があり、人づき合いは決して器用とは言えませんが、射手座、獅子座の外向的な性質があるので、友達が少ないということはないでしょう。  ただし、山羊座、蠍座、射手座、獅子座、いずれも相手に合わせる、周囲との協調を考えるという面が欠けています。自分の考えをとうとうと述べるだけで、相手の話に耳を傾けなかったり、非常に頑固に自分の考えに固執したりするでしょう。家庭では、頑固な父親、妻の気持ちをまるで理解していない夫になりがちですし、友人の間では、あいつには何を言っても無駄だから、と陰口をたたかれたりする恐れもあります。飲みに誘われても、つまらない愚痴や世間話につきあうのは時間の無駄、といった意識が働き、すげなく断ってしまうことも少なくないでしょう。山羊座、蠍座は孤独に強いほうですし、射手座は夢中になれるものがあれば、ひとり遊び、単独行動が平気な性質です。飲み会を断って、見たい映画をひとりで見に行ったり、家に帰って趣味に没頭したりするようなところがあります。

 相手に合わせる、人の気持ちを察するということが苦手なため、部下を持ったり、人を使う立場になったりすると、人を動かしていくことに苦労するかもしれません。自分の考えをいったん脇へ置いて、相手の話を聞いたり、相手の人柄を理解する努力をすることが大切です。相手の考えや人柄がわかれば、どう接したらいいかがわかってくるでしょう。

 部下や従業員が、自分の思う通りに動いてくれないと、相当にいらいらして、怒りが爆発することもありそうです。自分の考え、自分のやり方にこだわりすぎるため、相手のやり方が気に入らず、人にまかせるより、自分でやったほうがいいと思うこともあります。自分ができたのだから、相手もできるはずだ、できないのは努力が足りず、考えが甘いからだ、といった考えのもとに、部下に対して厳しすぎる態度をとることもあるでしょう。アセンダントの獅子座、火星が入っている蟹座は、下の立場の人の面倒をみようとする意識も強いのですが、親切にしているつもりが、相手にはそれが負担だったり、よけいなおせっかいだったりする場合もあります。いずれにしても、相手がどういう性格で、今何が必要なのかを、よくみきわめることが大切です。

 山羊座は非常に自我が強く、射手座はとてもプライドが高い性質です。人にペコペコ頭を下げたりできず、常に誇りを持って毅然としていたいという気持ちが強いでしょう。腹の中では相手を見下げていても、顔は愛想笑いをするといったことも、自尊心が許しません。さまざまな汚い思惑が交錯する社会を、適当に人を利用しながら器用に泳ぎ渡っていくといったことはできないでしょう。強い立場の人間に自分を売り込むなども、あまり得意ではありません。生き方が不器用になりがちなのは否めませんが、そのかわり、ひとつのことに集中するエネルギーや、困難を乗り越えて、自分の能力を磨いていける底力と持続性を持っています。ひたすら自分の能力を磨き、仕事のキャリアを築いていくことで、他から認められ、信頼されて、仕事が発展していくでしょう。

 逆に、仕事面で確固たる道がみつからず、転職を繰り返したり、自分の能力を伸ばしきれずにいると、プライドが強いだけに、自分をダメな人間だと思ってしまいがちです。同期の人間や同級生を見回して、自分のランク付けをし、強い劣等感を抱え込む恐れもあります。幅広く情報収集をしたり、人間関係のネットワークを大切にして、できるだけ早く、自分の道をみつけることが大切です。

 次に木星以下の星について説明します。木星以下の星は、性格にそれほど大きな影響は与えません。木星は、まだ影響力がありますが、土星から冥王星までの星は、それらが入っている星座の性質が、ほんの少し、性格の中に存在するという程度に解釈すればいいでしょう。天王星、冥王星は、ほとんど考慮に入れなくてもいいくらいです。海王星は直感、霊感をつかさどり、海王星が魚座や蠍座にあると、直感力や霊的感性が鋭い場合が多いようです。

 B夫さんは、木星、天王星、冥王星が、乙女座にあり、性格の中に乙女座の性質を少し持っていることがわかります。乙女座は几帳面で潔癖な性質で、物事の善悪をはっきりさせたがり、嘘やごまかし、ルーズでいい加減な態度を、とても嫌います。部下の仕事に対する態度を、細かくチェックし、ひそかに採点するなど、なかなか厳しい面もあります。

 土星は、牡羊座にあります。牡羊座は、射手座や獅子座と似た面を持ち、勝気で熱くなりやすく、行動力があります。山羊座は自分を抑制する力を持っているので、ふだんは穏やかですが、精神的に疲れていたりすると、怒りっぽくなるかもしれません。ジッと我慢していたのが、忍耐が限界を超えて、突然怒り出し、相手が面食らうということもあるようです。

 海王星は蠍座にあり、これは月が入っている星座と同じです。蠍座は月のところで説明した性質のほかに、直感、霊感が鋭いという特徴があります。海王星は霊的感性をつかさどるので、それが蠍座にあるということは、生まれながらに強い霊感をそなえているのです。B夫さんは、月も蠍座にあるので、いっそう直感、霊感は強いと言えます。“虫の知らせ”があったり、予知夢を見たり、カンが当たることが多かったりするでしょう。山羊座はそういった不思議な体験を、そのままにしておけず、理性的に納得したいと思うので、宗教や神秘学に関する本を読みあさったり、宇宙や神について、哲学的な思考を巡らせたりするかもしれません。
 
 
                              
ホロスコープ性格診断のページへ

                           
このページの上へ





                               
解読例・C

        C子さん
生年月日 1982年4月10日
出生時間 午後4時8分
出生地 長野県松本市

太陽…牡羊座  水星…牡羊座
月…蠍座     金星…牡牛座
火星…天秤座  木星…蠍座
土星…天秤座  天王星…射手座
海王星…射手座 冥王星…天秤座
アセンダントの星座…水瓶座
(出生時間によって割り出されるア
センダントの星座は、性格の一端
を表わす、重要な星座です)

 性格の基本を表わす太陽と、ものの考え方の傾向を表わす水星が、牡羊座にあります。感性、感情の傾向を表わす月と、性格の一部分をつかさどる木星は蠍座、美的感性を表わす金星は、牡牛座にあります。火星、土星、冥王星は天秤座、アセンダントの星座は水瓶座です。

 積極的で行動力にあふれた牡羊座の性質を強く持ち、それに執着心の強い蠍座、美的感性が発達している牡牛座、バランス感覚を持つ天秤座、反骨精神を持つ水瓶座の性質が加わっているというのが、C子さんの性格の全体像です。

 それでは、それぞれの星座について、細かく説明していきましょう。

 牡羊座は、C子さんの性格の中心を成し、ふだんの生活におけるものの考え方や行動に、牡羊座の性質が強く表われます。思ったことをどんどん実行に移す、積極的な性質で、人が何かしてくれるのを待つのではなく、自分の力で道を切り開いていこうとするでしょう。勝気で、人に負けたり、遅れをとったりすると、人一倍悔しがります。負けた自分を情けなく思い、悔しさがいつまでも胸を去らないこともありますが、自分はダメだと消極的になることはなく、巻き返しをはかって闘志を燃やすでしょう。

 かなり短気で、“待つ”ということは基本的に苦手です。恋人からの連絡をじっと待つことができず、こちらから電話やメールをしたり、人気の商品を買いに行って、行列ができていると、嫌になって帰ってきたりという具合です。物事がなかなか進展せず、足踏み状態が長く続くと、業を煮やして相手側に掛け合うなど、大胆な行動をとったりするでしょう。

 牡羊座は、自分の力でやったという手ごたえと達成感を、強く求める性質です。どんな職業においても、その仕事を通じて、手ごたえや達成感を得られないと、さっさとやめてしまうことが多いでしょう。C子さんは、慎重堅実な牡牛座の性質も持っているので、将来に不安を感じて、つまらない仕事でも続けようかと、悩むこともあるかもしれませんが、牡羊座はいったん嫌だと思うと、気持ちを抑えることができないたちなので、結局、転職することになるようです。牡羊座の性質が強いことを考えると、後先考えずに、仕事をやめてしまう可能性もおおいにあります。

 その職場で自分の力を発揮でき、その仕事を通じて自分の能力を磨くことができる、そういう職業にめぐりあうと、人一倍頑張るでしょう。牡羊座には、ダービーに出走する馬のように、目標に向かってひたむきに走るところがあります。朝一番に出勤し、残業もいとわず、営業に出れば、足を棒にして歩き回るといった具合に、がむしゃらにのめりこんでいきます。

 月と木星が入っている蠍座の性質は、粘り強さ、旺盛な探究心、強い執着心が特徴です。仕事でも趣味でも、自分の能力や才能を発揮できる道をみつけると、その道に強いこだわりを持ち、深くのめりこんでいくでしょう。困難にぶつかっても、滅多なことでは諦めません。

 蠍座の部分で、仕事の内容を深め、牡羊座の部分で、仕事を発展拡大させていくことができます。現実的で行動力に富んだ牡羊座の性質と、探究心や粘り強さを持つ蠍座の性質の組み合わせは、仕事をしていく上で、非常にプラスに働くでしょう。

 アセンダントの星座である水瓶座は、オリジナリティーを求める気持ちが強いことを表わしています。たとえばファッションで、多くの人が持っている人気ブランドの物は敢えて避け、個性に富んだ一品物を身につけたり、という具合です。人と違うことをしたい、月並みなことはやりたくないという意識が強いために、ユニークなやりかた、ちょっと変わった面白い表現を試みるのです。
 この水瓶座の性質は、C子さんがクリエイティブな要素の強い職業、たとえばアートや音楽関係、雑誌や書籍の編集など出版関係、写真、映画など映像関係やマスコミ関係の仕事に就くと、かなり強く発揮されます。面白いセンスを持った若手、というように評価され、起用される可能性があるのです。牡羊座の積極性や冒険心も評価され、度胸も根性もありそうな、先が楽しみな子、という印象を与え、可愛がられたりするでしょう。

 反対に、役所や銀行といった、自分の個性を抑えなければならない職業に就くと、水瓶座の性質はやや邪魔になります。自分は面白いことを言ったつもりでも、まわりにはそれが理解されず、調和を乱す突飛な発言といったふうに捉えられ、存在が浮いてしまう可能性があります。役所や会社の、個よりも全体のまとまりを優先させる体質に、違和感を感じ、いつまでもなじめないこともあるでしょう。牡羊座には、思ったことをそのまま口にする、非常にストレートな面がありますが、水瓶座のユニークさを求める気持ちと相まって、変に目立ちすぎる、和を乱す存在というレッテルを貼られてしまう恐れもあります。

 このことは職業だけではなく、結婚についても言えます。自由な雰囲気の恋愛結婚ではなく、家というしがらみが強い結婚、嫁としての責務や役割が重い結婚では、息苦しさや反発を感じることが多いでしょう。“嫁”とは、“家”を円滑に運営していくためのひとつの“歯車”であり、良い嫁になることは、のびのびと自分を発揮したいと願う自分自身を抑え、自由に伸びようとする自分の欲求を、雑草のように刈り取ることだ、といったことに気がついたとき、その結婚に対する深刻な疑問が湧いてくるでしょう。

 水瓶座は、牡羊座と同様、決断や行動に思いきりの良いところがあります。将来に不安を感じても、不満を抱えて悶々としながら暮らすよりは、明るい未来をめざして行動しようという気持ちのほうが強いこと、なんとかなるさと楽天的になれる気質を持っていることが、思いきりよく動くことができる要因です。職業を変えたり、結婚を解消したりといった、人生の大きな問題も、比較的短い間に、すっぱりと決断を下すことが多いでしょう。

 人をアテにするのではなく、自ら決め、自ら動く性格であるだけに、自分で責任をとるという意識も強く持っています。他人に責任転嫁するのは卑怯なことという意識が強く、自分の失敗は潔く認め、最後まで責任をとろうとするでしょう。この責任感の強さは、C子さんの性格に牡牛座の性質があるためでもあります。牡牛座は義務と責任という観念を非常に強く持ち、義務を果たすこと、責任をまっとうすることを、自分に課し、人にもそれを求めます。義務を果たし、責任をまっとうすることから生まれる人と人との信頼を、大切にする。そういう意識を強く持つ性質なのです。

 C子さんは天秤座の性質も持っていますが、天秤座も、自己責任ということをしっかりと考える面があります。天秤座の性質の大きな特徴は、物事の正と不正、美と醜を、冷静かつ客観的に判断しようとするところです。筋の通った知的な態度を貫こうとし、感情をむき出しにしたり、強引に自分の欲求を押し通そうとしたりすることを、非常に嫌います。何が正しく、何が間違っているかを見きわめようとする意識が強いので、自分の行為について、責任をとろうとする気持ちも自然に強くなります。

 人生の大きな問題について、自分の選択と決断が間違っていたとしても、自分の過ちをきっちりと認め、失敗を乗り越えて先へ進もうとするでしょう。蠍座、牡牛座は恨みや怒りを長く引きずるところがあるので、恨みつらみが心の中に残ることもありますが、いつまでもそれにこだわることはなく、さっぱりと気持ちを切り換えます。このように、ポジティブな生き方をしやすい性格なので、人生の困難を果敢に乗り越えようとし、その過程で多くの収穫を得るでしょう。

 牡羊座は、自力で道を切り開こうとする気持ちが強いだけに、自分の考えにこだわりを持ったり、自分の考えが最も正しいと思い込んだりしがちで、人の意見にあまり耳を傾けないようです。人の言うことに耳を傾けないのは、アセンダントの水瓶座、月と木星が入っている蠍座も同様で、水瓶座はプライドの高さから、人の意見には従いませんし、蠍座は自分の考えに没頭しているときは、人の言葉がほとんど耳に入ってこないようなところがあります。牡牛座は、表面は素直に人の言うことを聞いているように見えても、結局は自分の考えを曲げない、非常に頑固なところがありますし、天秤座も人の意見に左右されない性質です。

 C子さんは、親も含めて、人の考えに従う生き方はしないようですが、逆に人の言葉に耳を傾けない頑固さが、自分の視野を狭くしたり、より良い生き方ができるチャンスを、みずから逃がしたりすることにもなりかねません。この点には充分注意が必要です。

 牡羊座は、カッとなると、相当にきついことをぽんぽん言うところがあります。水瓶座はプライドを傷つけられると、自分を抑えられなくなりがちですし、牡牛座、蠍座は復讐心を抱きやすい面があります。ふだんは物事にあまりこだわらない、さっぱりした明るい性格ですが、利害がからんだり、仕事や活動の方針などで意見が食い違ったりすると、かなり激しく相手とやり合い、仲間を失ったり、敵を作ったりする恐れもあります。また、親に甘やかされて育ったり、家が裕福で、世間知らずだったりすると、牡羊座、水瓶座の自己中心的な性質が増長し、人の気持ちをわかろうとしない、わがままな人間になる恐れがあります。自分の思い通りにならないと、すぐ怒り、あけすけな言葉で相手を傷つけ、しかも、相手がどんなに嫌な思いをしているかに、全く気付かなかったりするのです。友達が離れていき、孤独になる恐れがあるので、気をつける必要があります。

 C子さんは、美的感性を表わす金星が、牡牛座に入っています。牡牛座は前述したような性質のほかに、美に惹かれ、美を愛する、独特の感受性を持っています。美の星である金星が牡牛座にあるということは、C子さんが美に対して強い感受性を持っていることを意味しています。

 一口に美といっても、さまざまなものがありますが、牡牛座はどちらかというと、クラシックな雰囲気を漂わせるもの、落ち着いた装飾美といったものに惹かれる傾向が強いようです。絵画で言うなら、前衛ではなく、古典、ファッションで言うなら、黒やグレーといった地味な色彩で、フリルやスパンコールが適度な華やかさでついている服、という感じです。陶芸、ガラス工芸など、手作りのものに惹かれる人も少なくありません。C子さんは、性格は勝気で行動的で、男の子のようにさっぱりしていても、趣味は陶芸や美術鑑賞だったりと、しっとりとした面を持っているようです。牡牛座の金星は、味覚の発達も意味しています。味に敏感で、食いしん坊だったり、料理が好きだったりするでしょう。

 最後に、天王星と海王星について説明します。天王星、海王星は、性格にさほど大きな影響を与える星ではなく、どちらかというと心の奥のほうの、潜在意識の部分に、これらの星の影響が少し出る、という程度のものです。C子さんの場合、天王星と海王星が射手座にあり、射手座の性質をほんの少し持っています。

 射手座は、牡羊座と同じ、火の星座に属し、牡羊座のように積極的、行動的で、せっかちな性質です。思ったことをストレートに言うところも牡羊座と似ており、言葉で人を傷つけないよう、気をつける必要があります。モチベーションが高まり、気持ちが高揚しているとき、射手座の性質が表われ、いっそうエキサイトするといったこともあるでしょう。
   

                          

ホロスコープ性格診断のページへ


  SPACE・和    星占い・タロットカード鑑定案内
            
            西洋占星術とは…西洋占星術概論
            
            12星座の性格・才能・資質

            続・12星座の性格・才能・資質

            ホロスコープ性格診断…個人の性格分析  

            ホロスコープ解読例
     
            タロットカードの世界…タロットカード概論
                          カードの一人占い

            タロット講座…教室案内

            面談鑑定のご案内

            スピリチュアル・エッセイ    

            和代のゆうゆう日記

            
  
  陶工房・和  陶芸ギャラリー T 企画展出品作品

           陶芸ギャラリー U うつわ他

           陶芸ギャラリー V 結晶釉の作品
          
           ガラス工芸ギャラリー・サンドブラスト

          





 
プロフィール 

 
お問合せ 090-9903-9917

        ura3kazu6@yb3.so-net.ne.jp