星占い・タロットカード SPACE・和    陶芸ギャラリー 陶工房・和 
   プロフィール    お問合せ    サイトマップ   SPACE・和 TOP 

星占い・タロットカード鑑定案内
12星座の性格・才能・資質
西洋占星術とは
タロットカードの世界
タロットカード講座
ホロスコープ性格診断
面談鑑定のご案内
スピリチュアル・エッセイ
                     


      和代のゆうゆう日記   
   


  2018年
 
 10月11日(
木)
 今度の日曜日に、神戸から犬がやって来る。
 神戸の保護犬ボランティアに引き取られていたトイ・プードルだ。
 ブリーダーの繁殖犬で、7歳になったので、繁殖犬の役目を終え、お払い箱になった。
 子供を産めない年頃になると、ブリーダーは犬を捨ててしまうのかと、はなはだ疑問に思った。
 ボランティアさんがチョコちゃんと名付けたその犬は、これまで一度も散歩をしたことがないそうだ。家庭の温かみを知らない子だと、この度、はるばる神戸から犬を届けに来てくれる人が、ラインに書いていた。
 相当に酷使されたのだろうか、その子は体毛が抜け、歯も全部抜け落ちている。歯がないから舌が口から出ているけれど、それでもいいかと聞かれた。さらに、口の中の上顎に穴が開き、鼻まで貫通している。穴を縫う手術と、避妊手術の費用を負担することが、里親になる条件だった。手術と聞いて、初めは気持ちが引けたが、医者もボランティア値段で施術するので、避妊と合わせて5万数千円で済んだ。
 ボランティアさんとやりとりをしているうちに、ブリーダーへの憤りがふつふつと湧き、気持ちを抑えることができなくなった。